"Matt Penn"のサーフボードなら"OKM SURF BAR"
welcome

welcome

※店頭でも商品を販売しているため、ネットからのご注文時に売り切れになっている場合がございます。
あらかじめ、ご了承下さい。

ホームMatt Penn

Matt Penn

1974年 シドニー生まれ 178cm 79kg
シェイプ歴 20年 シェイプ数は1週間約70本以上

18歳の時にラミネーターを初め、その後"Webber Surfboard"で3年間シェイプ修行をし、現在のオンボードに移動。
"Insight"でシェイパーをはじめ、その後"AL Merrick Surfboard"のNo.1 シャドーシェイパーの座に君臨する。
今では、自身のブランド"Penn Surfboad"も手がけている。

ボードモデルとしては、WCTサーファーのKai Ottonや"O'NEILL"のプロライダーたちがニューモデルのテストを繰り返し、フィードバックを提供してきた。

「ボリュームの位置が板のエンジンにあたるので、それにより波へのアプローチも変わってくる。」というPennは、サーフボードデザインにおいて、ロッカーとアウトラインとの調和を大事にし、板のボリュームを何処に持ってくるかを重視している。
実際、"Penn Surfboad"の形を見ると、浮力がつくセンター部分の位置を変えることで、小波モデルやパフォーマンスモデルを作り分けている。
更に、1週間に70本以上削るハードスケジュールこなすだけあり、Pennが作り出す美しいアウトラインは芸術的といえる。

新作"RPM-X"は、どのサーフボードメーカーにも負けないハイパフォーマンスモデルで、「スピード」「縦へのアプローチ」などで最高の動きを実現する。
"SKULLY"は、どちらかというと日本向けの力のない波用のパフォーマンスモデルで、「テイクオフの速さ」「ファーストターンでの伸び」など、どれをとっても最高の仕上がりになっている。

Matt Pennが手がけたサーフボードを、是非お試し下さい。


"Matt Penn"サーフボードのディーラー募集中!

詳しくは、OKM SURFの三嶋まで。

→お問い合わせフォーム

03-5903-8973 (午後3:00~10:00まで/水曜、日曜定休)